検索
  • Ysasa

精密装置のためのコンプレッサードレン水回収ボトル

更新日:1月24日

背景

実験において、電動精密分注装置のために、駆動力としてコンプレッサーの圧縮空気を使うことがある。


コンプレッサーだが、駆動によって、

ドレン水という恐ろしく茶色く汚い液体が内部にたまり、毎度排出しないといけない。













しかしデフォルトでは筐体直下にぶちまける構造で、せっかく綺麗な環境を汚してしまう。

コンプレッサーのメーカーに訊いても、うまく回収できるものはないとの回答。


きちんと回収できるシステムが必要だが、売られていないため、業者さんに提案してもらい作った。


ほかにも苦しんでいる人がいるかもしれないので、ここに記しておく。


手順

詳細は以下ですが、分からなかったら、株式会社池田理化埼玉支店に問いあわせてみてください。きっと手伝ってくれると思います。


自分は、以下のコンプレッサーに

スーパーオイルフリーベビコン_0.4LE-8SB 日立産機システム 
AB-45-V-CPクリーンエアシステム	63-4149-97











以下のものを組み合わせて、回収をスマートにしました。


チッコロ ストレート 外×内ネジ型 PT1/4(外)×PT1/4(内) CM-1022	61-9578-43
チューブフィッティング エルボ 適合外径6mm 接続口径R1/4 PL6-02	61-1907-74
ソフトナイロンチューブ ブルー 6×4 20M NB0640-20-BU	62-2544-80
ドレン水回収ボトル DB-1000	62-0956-04
797-031	シールテープ 5m Asone	アズワン 61-9141-70 


下部についている、コックを外して以下のようにとりつける。シールテープをつかって、もれないようにネジ穴周囲を巻いてから取り付けること。ドレン水回収ボトルのなかには、かなたわしがはいっており、コックを回すと圧力開放とともに勢いよくボトルの中で回り、液体も絡める。





閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba