top of page
検索
  • 執筆者の写真Ysasa

実験室の電源タップとトラッキング防止電源プラグ安全カバー

更新日:2021年12月17日

実験室では、沢山の機械を使うため、電源コンセントと電源タップを適切に使う必要ある。またトラッキング防止などにも気を配った方がよい。


実験室で使う電源タップは以下の仕様があるとよく、

  1. 3P

  2. 磁石付き、ネジ固定可能穴有り

  3. 電源容量有り

  4. 絶縁キャップ付き

  5. ある程度長さのバリエーションが揃ってる

  6. 通電するとわかる

  7. 15Aまで可能。

こちらのシリーズ(TAP-K4N-3)なんかが使いやすかった。


また、一度機械を設置、電源プラグをコンセントに差すと、ずっとそのままになることが多い。その場合、ほこりなどがたまって火災の原因にならないよう、機械を設置し通電する、セットアップの際に `電源プラグカバー` も同時につけておくとよい。特に、絶縁キャップがない機械の場合は、つけておくとよい。


3Pタイプはこちら

2Pタイプはこちら

が使いやすかった。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

研究室での実験機械トラブルの際の流れと手順

研究室で起こる実験機器のトラブルの際の手順に関して、一般的な話なので、shareします。各機関のレギュレーションが優先なので、あくまで参考まで。 # 前提 まず、こちらに記載することは、使用する機器の仕様の把握や使用方法の習得ができている前提です。使用する機器のマニュアルをみることや熟練者(メーカーの人の使用説明含む)からの手ほどきを受けるなどを行ってから使用してください。 その前提で、正常な使い

Yorumlar


bottom of page