検索
  • Ysasa

実験室の電源タップとトラッキング防止電源プラグ安全カバー

更新日:2021年12月17日

実験室では、沢山の機械を使うため、電源コンセントと電源タップを適切に使う必要ある。またトラッキング防止などにも気を配った方がよい。


実験室で使う電源タップは以下の仕様があるとよく、

  1. 3P

  2. 磁石付き、ネジ固定可能穴有り

  3. 電源容量有り

  4. 絶縁キャップ付き

  5. ある程度長さのバリエーションが揃ってる

  6. 通電するとわかる

  7. 15Aまで可能。

こちらのシリーズ(TAP-K4N-3)なんかが使いやすかった。


また、一度機械を設置、電源プラグをコンセントに差すと、ずっとそのままになることが多い。その場合、ほこりなどがたまって火災の原因にならないよう、機械を設置し通電する、セットアップの際に `電源プラグカバー` も同時につけておくとよい。特に、絶縁キャップがない機械の場合は、つけておくとよい。


3Pタイプはこちら

2Pタイプはこちら

が使いやすかった。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba