検索
  • Ysasa

実験機器のケーブル類のタグ付けの勧め

更新日:3月5日

実験機器には電源ケーブルやUSBケーブルなど様々なケーブル類がありますが、どれも黒くて、機器と対応する情報がケーブルに書かれていないことがおおい。


これらは、間違ったケーブルの抜き差しによる事故や、移設時のケーブルの紛失を招き、結構ストレスなので、機器が届いたときに、以下のようにタグ付けすることをお奨めします。


100mmマーカーバンド(100本) EA475HB

記述可能なタグがついた、結束バンド型のマーカーバンドで、太さに関係なく対応できる。

沢山あるケーブルがどの機器に対応しているかいちいち確認することとおさらばできる。


対応不明な転がったケーブルなど、対応行方不明は確実に防げる。


手順は以下動画にまとめた。

https://youtu.be/fIMkCEk9boM



初稿 2021/01/06



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba