検索
  • Ysasa

実験遠隔コミュニケーション ZOOM+VK4 pro書画カメラで手元を映し出す


実験の手技や仕様詳細などを遠隔で見せたり、実験のイメージ図をかいたり、実物を見せながら説明するのに、書画カメラとZOOMの組み合わせは手っ取り早い解決策の一つである。アームを近づけると以下くらいの拡大して、遠隔共有できる。

アームを一番高くした場合の、最大撮影範囲は、w365mm x d 210mmといったところ。キーボードくらいならまるまる写して共有できる。そのやり方をいかに示す。


Web mtg対応の書画カメラは、複数でているが、ここでは、V4K Proを使っている。4Kの割に安め。照明とオートフォーカス付き。


V4K ProをPCにつないで、ZOOMを起動する。2つのカメラがつながった状態にする。

`画面共有` → `詳細` → `第2カメラのコンテンツ` → `共有`

共有画面が、第2カメラとなり、サブで第1カメラも小さいwindowに表示される。背景フィルターは、共有している第2カメラにはかからない。第1カメラには背景フィルターはかかったままになる。


そもそもZOOMはいろいろなことをしながらやるには、性能を要求される感じ。mac mini 64GBだと問題ないけど、mac book air 16GBだと支障が出ることもあるイメージ。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba