top of page
検索
  • 執筆者の写真Ysasa

廃液処理後の処理に困らないバキューム方式マニホールド

# intro

DNAカラム精製では、DNA binding bufferなどが入ったDNA溶液をcolumnに通すことで、columnにDNAを結合させる。通すには、遠心によるspindownや、バキュームによる方式があり、特にバキュームは、多検体処理や1columnにたくさんのDNA溶液を通す際に非常に有効である。


一方でcolumnを吸引すると、columnを刺すマニホールドには、直接廃液が排出されてしまうものがほとんどである。


要は、実験したあと、わざわざ複雑で洗いにくいマニフォールドを頑張って洗わないといけなくなる。


微量なDNAを扱っている我々としてはかなり嫌な作業であった。


そのため、廃液が直接マニフォールドにぶちまけられないように、リザーバーやチューブがセットできるものが望まれた。


2015年当時、そういったものはなかった(と思う。少なくとも見つけられなかった)。ぶちまけるのは嫌すぎるので、なんとかし要素した結果が以下。


# results

まずPALL社のプレート用マニフォールドに、アクリル版を改造してcolumnが直接挿せるように改造した。最終的には、以下のような構造になった。動画はこちらを見てほしい。















PALLマニフォールド (Plate用)に合うように、 Qiagen社のcolumnなどが立てられるアダプター アクリルにネジ穴処理してもらい、以下2つを組み合わせるようにした。

>バキュームによる精製が可能 メスルアーフィティング

https://axel.as-1.co.jp/asone/d/61-0479-70/

>One-Way Luer-Lock Clear Stopcock


これにより、同マニホールドにセットした、Integra社のone-well リザーバーに廃液を排出することができ、マニホールドを洗わなくて良くなった。


PALL社様でも純正で売って欲しいところ。


最近、こういうふうな製品が純正品で、売られてないか調べたところ、ジーエルサイエンス様が販売されていることがわかった。好意で、デモさせてもらったが同じことができるようになっている。マニフォールドに廃液をぶちまけるのが嫌で、自作するのが嫌なら、セットで売っているジーエルサイエンス社製品が今後よさそう。動画は以下。


# discussion

上記方式だと、リザーバーなどにきれいに廃液が集まるので、廃液処理が楽。直接、マニフォールドに廃液がぶちまけられるタイプだと、フェノール系の廃液など危険な試薬だと、マニフォールドの洗浄が難しくなるため、今回のメリットは大きかった。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

研究室での実験機械トラブルの際の流れと手順

研究室で起こる実験機器のトラブルの際の手順に関して、一般的な話なので、shareします。各機関のレギュレーションが優先なので、あくまで参考まで。 # 前提 まず、こちらに記載することは、使用する機器の仕様の把握や使用方法の習得ができている前提です。使用する機器のマニュアルをみることや熟練者(メーカーの人の使用説明含む)からの手ほどきを受けるなどを行ってから使用してください。 その前提で、正常な使い

Comments


bottom of page