検索
  • Ysasa

研究用ラベルのための油性ペンの細字ベンチマーク

更新日:11月5日

研究試料をいれるのに使われる1.5/2/0.5/0.2mlチューブに、油性ペンでラベルするのだが、記入スペースは限られているので細字で書く必要がある。字が潰れて判別できないと研究に支障をきたす。太字だと正直、細かいことがかけず必要な情報が書ききらない。


ラベルは以下で、1と2は必須である。

  1. 日付 (e.g. 20xxyyzz)

  2. human readable name (e.g. plasmids-Xgenes01)

  3. sample ID (もしあれば記載)


1.5mlチューブの蓋に貼るシールだと、φ11mmくらいです。お薦めとしては、tough spotなど。この面積に記載しようとすると、細字でかけることが必要になり、なおかつ油性ペンであったほうが好ましい。


このような目的から、研究用ラベルのための油性ペンの細字ベンチマークを行い、下記の動画にその結果をまとめた。

https://youtu.be/z0GoI7YWZNs

参考になればさいわいです。



詳しくは、上記を参照していただければと思うが、試した油性ペンは以下。

```

なまえペン (PILOT)

マッキーケア超極細 (ZEBRA)

マッキー (ZEBRA)

TwinMarker (PILOT)

マイネーム (さくら)

マイネーム超極細01 (さくら)

Finepoint 0.1 (Tachikawa)

Finepoint 0.05 (Tachikawa)

```


プラスチックに直接書く場合、可視性からある程度の字の太さが必要になり、シールに書く場合は細く、解像度高く記載できることが望ましい。


コレまでは、pilotのなまえぺんを愛用していた。これは、何にでもかけるし、ある程度細くてとてもよい。ただディスコンになってしまったと連絡を受け、代替品を探すことになったというのが最初のきっかけであった。


以下が、簡単な結果であるが、代替品としては、

「マッキーケア超極細」の0.3mm側のペンがほぼ同等である。色も3色はあるのもよい。また0.7mm側のペンは、太すぎずチューブに直接ラベルを記載するのにちょうどよい。

https://www.zebra.co.jp/pro/mackee-care-ultra-fine/index.html


また立川ピン製作所の「Finepoint system 0.1 or 0.05」は、驚異的な細さでありながら、しっかりと細字で記載できる。現在は黒色のみ。赤, 青, 緑が過去にはあったらしいが、復活してほしい。0.05-1mmまで幅広いペン先がある。

http://tachikawa-net.jp/pen/finepointsystem_oil


耐薬品性に関してだが、通常の水系だと、どの油性ペンも落ちたりはしない。80% EtOHだと、少し落ちる程度であるが、ゴシゴシ擦ると落ちてはしまう。













側面のラベルの場合、watson社の 「プロテクトシール」が便利。

https://www.watson.co.jp/product/other/seal.html

白地+ポリプロピレンシールという構造になっている。

白地部分にペンで記載して、チューブ側面に貼り付けるが、ポリプロピレンシール部分がチューブに一周して貼り付けた際に白地部分をカバーするので、エタノール含めて字が消えることはない。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba