top of page
検索
  • 執筆者の写真Ysasa

開閉時にアルミブロックに手が触れにくい0.2ml tube用のアルミブロック

0.2mL single-tubeとか8-linked tubeなんかですが、氷上で冷やしたアルミブロックの上にさして、tubeに入った溶液を冷やします。


tubeの開閉時に、アルミブロックに掘られたwellが深いと、蓋をさわるときに、どうしてもアルミブロックに触れます。アルミブロックは冷やされていて、結露しており、蓋に触れたくない。(これはこれで、0.2ml tubeに溶液量が 100ul以上いれて冷やすのにつかう。)



なので、開け閉めする用のアルミブロックは浅い方がよい(溶液量が50ul以下なら)。

調べてみたら以下が良さそうだった。備忘録。


96well, 0.2mLチューブ用ラック (保冷用)EX-96S

日本ジェネティクス https://www.n-genetics.com/products/search/detail.html?product_id=4196

オンアイスアルミブロック ディープタイプ 0.1mL・0.2mL・8連/48本立、0.5mL/6本立、1.5mL 14本立 ABR-24DTR

BIO-BIK

https://axel.as-1.co.jp/asone/d/3-3417-03/

初稿2020/10/01

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

研究室での実験機械トラブルの際の流れと手順

研究室で起こる実験機器のトラブルの際の手順に関して、一般的な話なので、shareします。各機関のレギュレーションが優先なので、あくまで参考まで。 # 前提 まず、こちらに記載することは、使用する機器の仕様の把握や使用方法の習得ができている前提です。使用する機器のマニュアルをみることや熟練者(メーカーの人の使用説明含む)からの手ほどきを受けるなどを行ってから使用してください。 その前提で、正常な使い

Comentarios


bottom of page