検索
  • Ysasa

開閉時にアルミブロックに手が触れにくい0.2ml tube用のアルミブロック

0.2mL single-tubeとか8-linked tubeなんかですが、氷上で冷やしたアルミブロックの上にさして、tubeに入った溶液を冷やします。


tubeの開閉時に、アルミブロックに掘られたwellが深いと、蓋をさわるときに、どうしてもアルミブロックに触れます。アルミブロックは冷やされていて、結露しており、蓋に触れたくない。(これはこれで、0.2ml tubeに溶液量が 100ul以上いれて冷やすのにつかう。)



なので、開け閉めする用のアルミブロックは浅い方がよい(溶液量が50ul以下なら)。

調べてみたら以下が良さそうだった。備忘録。


96well, 0.2mLチューブ用ラック (保冷用)EX-96S

日本ジェネティクス https://www.n-genetics.com/products/search/detail.html?product_id=4196

オンアイスアルミブロック ディープタイプ 0.1mL・0.2mL・8連/48本立、0.5mL/6本立、1.5mL 14本立 ABR-24DTR

BIO-BIK

https://axel.as-1.co.jp/asone/d/3-3417-03/

初稿2020/10/01

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba