top of page
検索
  • 執筆者の写真Ysasa

1細胞RNA-seqのためのCell barcoding技術の再まとめ

1細胞RNA-seq法では、たくさんの1細胞を扱うために、cell-barcoding技術が使われている。概要としては、それぞれがもつRNA配列の1st strand cDNAに異なる配列をつけることで、多数の1細胞を同時に扱うことを可能にする。体系的には、3つの手法に分かれる。


a. PCR tubeなどの容器を使って、それぞれの容器に異なる逆転写プライマーを入れて、細胞をその容器に分取していく手法。

b. 細胞を一つの容器と見立て、そこからRNAが拡散しない条件で、それぞれの容器内で、cDNAにバーコード配列をつける手法を繰り返す方法。

c. bとにている考えだが、上記を細胞ではなく、予めユニークな配列をもつbeadsを用意して、細胞と出会わせる方法。




上記に、最新の手法をいれた模式図をまとめた。

説明を書くべきなんだが、とりあえずfigだけshare。



備忘録






閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

研究室での実験機械トラブルの際の流れと手順

研究室で起こる実験機器のトラブルの際の手順に関して、一般的な話なので、shareします。各機関のレギュレーションが優先なので、あくまで参考まで。 # 前提 まず、こちらに記載することは、使用する機器の仕様の把握や使用方法の習得ができている前提です。使用する機器のマニュアルをみることや熟練者(メーカーの人の使用説明含む)からの手ほどきを受けるなどを行ってから使用してください。 その前提で、正常な使い

Commentaires


bottom of page