検索
  • Ysasa

Mixerのメモ

前提

分子生物学実験の基本操作は、

以下3つですけども、

1. 分注する
2. 混ぜる
3. 温度をかける

サンプルごとに適切な混合をするには、

適切な機械を選ぶと、安定したデータが得られる。


いくつかの機械を、メモしておく。



手順

0. voltex mixer

https://www.technosaurus.co.jp/products_category/stirrer

最も有名なmixerの一つ。mixerで混ぜることを ボルテックスかける と表現することもある。デフォルトだと、人間がチューブなどを持って支えて、触れている間チューブ内の溶液を混ぜることができる。角度や時間などは、個人の手技に任せられるので、導入するなら、adaptorをつかって、角度指定し、時間設定ができるタイプがよい。


voltexが悪いわけじゃないのだが、角度・時間設定をしないことが多く、安定しない理由になることを、周囲でよく目にしたので、注意している。


1. taitec se-08

https://taitec.net/product/se-08/

TUBEを斜めに固定して、垂直より効率的にmix。Se-04はもっと安価。お手軽。時間指定、角度固定できる。


2. インテリミキサーRM-2M

https://j-toho-kk.co.jp/product_categories/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%80%80rm-2m/

https://www.youtube.com/watch?v=PUOIiTo2NF0

ほとんどtubeで混ぜる手技がほぼ可能で、多検体可能。


乾燥品のprimerを溶解する際には、これがベスト。以下操作で、少ないボリュームでもロスなく安定して混ぜられる。mode b1, rpm 99がおすすめ。

https://photos.app.goo.gl/JJ6YHFrottQekszv6


3. Mixmate (高級機種はThermomixer)

https://online-shop.eppendorf.jp/JP-ja/Temperature-Control-and-Mixing-44518/Instruments-44519/MixMate-PF-9072.html

水平方向への回転で、Z軸のブレがないので液はねが、ほとんど無い。水平方向への回転の安定はこれが一番。液はねを嫌がるアプリケーションやプレート系のmixはこれがよい。


注意点

mixerは、角度(定位置・もしくは任意に固定できる)と時間、またプログラムできるものがお奨めです。できない場合は、adaptorをつかうなどして、上記を指定すると、検体間の溶解条件を均一にできるかもしれません。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba