検索
  • Ysasa

mac にseurat4をインストールする

まず、single-cell RNA-seqに関しては、

macにseurat4を以下の手順でinstallすれば、使えるようになるかと思います。

参考まで。


1. mac にRをinstallする。

1a. こちらにアクセスする。https://cran.r-project.org/bin/macosx/

1b. Apple siliconでないmacの場合、https://cran.r-project.org/bin/macosx/base/R-4.2.1.pkg からinstallできます。クリックしてinstallしてください。


2. macに R studio install。

2a. こちらにアクセスする。https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/#download

2b. macの場合こちらから。https://download1.rstudio.org/desktop/macos/RStudio-2022.07.1-554.dmg


3. R studio を起動する。File -> New file -> R notebook を押して、R notebookを立ち上げる。

以下の構造に囲まれた間の右側に、緑の再生マークのようなものがありますが、こちらが実行ボタンになります。

この間にコードをいれて実行すれば、seurat4のinstallや、プログラムの実行ができます。


```{r}

```



4. seurat4のinstall

https://satijalab.org/seurat/articles/install.html

こちらからinstallの方法が記載してあります。

```{r}

install.packages('Seurat')

```

こちらでinstallが開始します。errorが出た場合、

library が足りないときがおおく、その場合

googleで、 [errorででてくるlibrary名] [r] [install] などと検索すれば、

たりないinstall方法が出てきます。


以下のように、libraryをimportすれば、seuratが使える状態になります。

```{r}

library(Seurat)

```


5. seurat4の使用方法

https://satijalab.org/seurat/articles/get_started.html

こちらVignettesを見ながらやれば大概はできるようになると思います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

RNA量が1ng-1fgの範囲ですと、環境や手技によって実験の安定性に影響を与える可能性がより高くなります。最初はうまくいってたが、だんだん上手くいかなくなるなどの原因の一つとしては、RNaseの混入やその蓄積などが原因の一つになります。 一貫して、微量RNAから安定した結果を出すための、微量RNA用の基本操作について、以下3つの動画を用意しましたので、ご参照まで。 微量RNA用の基本操作 (ba